Monochrome Dive - BUDDHISTSON
FC2ブログ

Home

New entry

Monochrome Dive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

BUDDHISTSON 「WISELY AND TOUR SLOW」 @代官山UNIT

  • 2009-04-18 (Sat)
  • Live
17日に行って参りました!BUDDHISTSON TOUR FINAL!
BUDDHISTSONのライブへ行くのは初めてでしたが・・・いや、一回OCEANLANEレコ発インストアで見てました。
ライブハウスで見るのは初めてです。

ていうか行くにあたりハプニングというかアホなことをしでかしまして・・・

僕)それではお願いします。
山ちゃん)あいよ~!
 説明しよう!
 意気揚々と4時前に家を出て、電車に乗り、BAKUMANを読みながら過ごし、
 秋葉へ着いた瞬間!頭をよぎった「チケット持ったっけ?」という疑問!
 バックを確認!!よし!無い!!・・・さぁ帰ろう・・・只今の時刻5時前!
 ライブの開場は6時。開演は7時!・・・なんとかなるかも知れない!
 そう思い5時きっかりの電車に飛び乗りとんぼ返り!
 秋葉へは何しに来た!?
 チケット無いことを確かめに来た!そう!そのためだけにわざわざ600円払って秋葉まで来たの!
 帰りの電車では如何にUNITまで早く着けるかという事をNAVITIMEのあのおじさんと相談し、
 その結果5時49分発に乗れば7時ちょっと過ぎに着ける事が判明!
 でも地元の駅に着くのが5時33分!
 家に帰り、チケットを取って、また駅へ行く
 という行為をたった16分の間にやらなければいけない!!
 でもそこは現代の叡智「自動車」というものがあるから大丈夫!
 そう!大丈夫!なのだが、そんな時に限って信号に捕まったり、前をチンタラ走る奴がいたり、
 イライラを募らせながらも一連の行動を行い!
 なんと47分に駅に到着!
 掛かった時間僅か14分!凄い!我ながら凄いぞ!
 こうしてUNITへ7時過ぎに着いたにも関わらずまだ始まっていなかったのである!
僕)とても長く、読みづらい説明ありがとうございます。

というバカなことをしでかしましたww
もうライブの日は「チケット!」って書いた画像を携帯の待ち受けにしておきたいと思います。

そんなこんなでライブなんですけども、
なんて言うか、良い意味で表現し辛いというか、言葉が見つからないです。
取りあえず、サポートのチェロの子が可愛かったと言うのを先にお伝えしましょう。
BUDDHISTSONには手を挙げてノるような曲はないので、前から後ろまでみんな体でリズム取りながら見てるって感じなんですけど、みんなそれなりに楽しんでたと思います。

アンコール2回やったんですけど、2回目はShimaさん以外出てこなくて、ソロで「FROM HERE」のアコースティックVer.をやってくれました
もうこれだけで見に来た甲斐があった!チケット忘れた時行くのを断念しないで本当に良かった!
次もワンマンやりたい!って行ってたので絶対行く!!こんどはチケット忘れない!!

セットリスト(確かこんな感じだったと・・・)※セットリストが判明しましたので変えときました。
01.Chapter III
02.Bearcave
03.Dark Forest
04.PUPIL
05.Dancing Walves
06.Eyes In The Dark
07.Foggy Morning
08.3407
09.Lovebite
10.Wisely And Slow
11..FInale Song #2(For You And I Are Past Our Dancing Days)
En.1
01.Skid Song
02.SHELLS
03.FALLING
En.2
01.FROM HERE ソロアコースティックVer.


※今日の一言※
もう僕の脳みそ老朽化してきてるなぁ・・・

BUDDHISTSON New Video

BUDDHISTSONの「SLOWDANCE」収録曲「WISELY AND SLOW」のPVがありました。
PVに出てる女性はコーラスにも参加してるジェニファーだそうです。
ブディらしい情緒溢れる映像作品になってます。


MySpace 「BUDDHISTSON」


※今日の一言※
女っぽいから女装が似合うよきっと!
と言われた。ちょっと複雑・・・

BUDDHISTSON 「SLOWDANCE」

slowdance

一年の活動休止を経て待望の4thアルバムの完成!
前作同様北欧風味たっぷりの内容で彼ら独特の雰囲気も健在でかなり癒されます
一人の恋愛の始まりから終わりまでをアルバム1枚のなかで物語のように進んでいきます。
前作「BUDDHISTSON」と合わせて聴いて頂きたい一枚です。

前作「BUDDHISTSON」は去年再販されましたがそれまでは絶版でプレミア価格がついていたらしいですね
全然知りませんでしたww

1. Chapter III
2. Bearcave
3. Dancing Wolves
4. Eyes In The Dark
5. Lovebite
6. Wisely And Slow
7. Foggy Morning
8. 3407
9. Fingernails
10. Skid Song
11. Finale Song #1(A Thousand Times Good Night)
12. Finale Song #2(For You And I Are Past Our Dancing Days)

「EYES IN THE DARK」

MySpace 「BUDDHISTSON」

Home

Recommend
ivoryline
IVORYLINE / VESSELS

derorean
Delorean / Ayrton Senna
Smile Video



Tag Cloud
Links

Access ranking



Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。