Monochrome Dive - J,K,L

Home > J,K,L

New entry

J,K,L Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Jamestown Story 「Love Vs Life」

LVL

一応3rdALBUMとなる今作は相変わらずキラキラ感満載のアコースティックでJamestown Storyらしい作品になっています。
柔らかな曲調の中にも力強さがあったり、女性Vo.のアクセントだったり、一人なのにコーラスが厚くて綺麗さが倍増したりと癒し要素が盛りだくさんです。
CDで聴いているのにすぐそこで歌っているかのようなライブ感もあって尚気持ち良くなります。
USではまだ未契約とか不思議でしょうがない。

01. Summer [Ft Breanne Duren]
02. I'm Sorry
03. Don't Say Goodbye
04. Till The World Ends
05. It's Like A Knife In A Gunfight [Acoustic]
06. Take Me Home Tonight [Ft. Breanne Duren]
07. Whenever You Need
08. Futile Road
09. Love Vs Life
10. This One's For You

「Love Vs Life」

MySpace 「Jamestown Story」


※今日の一言※
僕は今日からシルバー職人になる!!!

Jack's Mannequin 「The Glass Passenger」

Jack's Mannequin1

我らがアンドリューが帰ってきましたよ!
闘病から復活したアンドリューが放つ珠玉の一品。
以前と変わらぬキラキラピアノロックは嬉しい限り、なんなら以前よりもっとキラキラ感UPして
聴きやすくもなっている。
出来ることならSomething Corporateの方も復活して欲しいですね。

Jack's Mannequinは是非1stALBUMの「Everything In Transit」と合わせて聴いて頂きたいですね。
良さがもっと伝わると思います。

01. Crashin
02. Spinning
03. Swim
04. American Love
05. What Gets You Off
06. Suicide Blonde
07. Annie Use Your Telescope
08. Bloodshot
09. Drop Out - the So Unknown
10. Hammers and Strings (a Lullaby)
11. The Resolution
12. Orphans
13. Caves
14 Miss California

「The Resolution」
Jack's Mannequin - New Music - More Music Videos

MySpace 「Jack's Mannequin」

Kylee 「VACANCY」

Kylee

1994年アメリカ生まれの若干14歳のデビューシングル!
14歳にして力強く、伸びのある声を持っている。
自らPramore好きと言っているだけあって、楽曲にはParamoreの影響が色濃く出ている。
特にM-2「Justice」何かはそれが顕著に出ている。

作詞も自分で書いてるのだが、とても14歳とは思えないほど大人びた事を書いていて、
実は10歳位サバを読んでいるのでは無いかと思ったりwww
多分今、歌姫(笑)などと呼ばれてる人達よりは全然心に響くことを書いてるよ。

M-1「VACANCY」はPS3配信専用アニメ 「亡念のザムド」のEDテーマに使われていて、
僕もザムドを見てるんですが、たまに見ててEDが流れると目頭が熱くなったりします。

1. VACANCY
2. Justice
3. Plan B

「VACANCY」

Official Site 「Kylee」
MySpace 「Kylee」


   これで今年の更新は最後になります。
   来年はもう少し更新頻度を上げるように頑張ります。
   それでは皆さん良いお年を!

LAST WINTER 「Under The Silver Of Machines」

 いやぁ、最近書こうとしても全然言葉が出てこなくて今日こそはと思ってるうちに2週間も経ってしまった…
 おかげでレビューしようと思ってるCDが10枚近く、明日また3枚増えるから10枚以上溜まっているよ。
 軽く危機感さえ覚えるけれども、ゆっくりじっくりと洋楽100%でお送りしたいと思います。

 ってことでまずは「LAST WINTER」

 LAST WINTER


 エモメロ好きは必聴の1枚。
 FALL OUT BOYばりのポップ&キャッチーさ、最高のコーラスワーク、どこか幻想的な感じのするメロディー、マジで僕の好みドンピシャ。

 M-1「Cassiopeia」の次の展開を期待させる幻想的なプロローグ。
 M-2「The Violent Things」の疾走感バリバリの低音が響き渡るキラーチューン。
 M-3「A Pacific Romance」の夕方の海岸線を走りたくなるような情緒あふれるミドルテンポ。コーラス最高。
 M-4「Kiss So Hard」ポップでキャッチーなアップテンポ。FALL OUT BOY好きにはたまらない1曲。

 もぉこの流れはたまらない。まさに神がかってる。
 この4曲だけでも聞く価値は全然あるよ。
 僕の超超おススメの1枚。


 

Linkin Park 「Minutes To Midnight」

 ついに出ましたよ。

 Linkin Park「Minutes To Midnight」

 mtm



 1、2作で「Linkin Park」という存在を世に知らしめ、「Linkin Park」という音を確立した。

 けど、今作では今までの音を取り払い、新しい音を作り出した。

 曲構成も今までになくメロディックなもの重視。

 コレを進化と取るかただの挑戦と取るか。

 凄い難しいところだと思う。


 それによってファン賛否両論で、没曲ばかりという人もいれば、良い曲ばかりで流れも最高という人もいる。

 僕は後者。最高だと思う。

 否評をする人は多分リンキンの”曲”が好きなんだと思う。
 メタル色やラップが強くて激しい曲が、、

 でも僕は”Linkin Parkそのもの”が好きだからどんな曲が来ようと受け入れる。

 だからコレを進化と取ることにする。
 

 

Home > J,K,L

Recommend
ivoryline
IVORYLINE / VESSELS

derorean
Delorean / Ayrton Senna
Smile Video



Tag Cloud
Links

Access ranking



Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。