Monochrome Dive - P,Q,R

Home > P,Q,R

New entry

P,Q,R Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Perfume 「BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!! DVD」

BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!!

2008/11/6、11/7のPerfume初の武道館公演の模様を納めたDVDが満を持して登場!!
笑いあり、涙あり、感動あり、驚愕ありで大満足!!・・・ではないけども、それなりに満足は出来るものとなっています。
なぜ大満足出来ないか・・・要因はただ一つしかありません。
MCカットしすぎ!!
もっともっとあんなことや、こんなことがあったのに全然入って無い!
まぁ某大物プロデューサーの曲だったり、某国歌問題だったり色々諸事情はあったのでしょうが
是非とも載せて頂きたかった・・・
Perfumeライブの魅力は歌、ダンスはもちろんのことMCもかなり重要な所なのに!
DVDを見れば分かりますが、ここまで客をイジるアイドルもそうそういないでしょ、しかも武道館という大舞台にも関わらず、客にツッコミまでも入れてしまう始末!
もう流石としか言いようがない、掟さん様々ですよ。
おっと、ちょっとアツくなってしまいました・・・。
まぁライブ自体の事は前に記事を書いたのでそちらを読んでいただいて。
Live:Perfume@武道館「BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!!」
でも全曲は書いてないのであしからず。。


画像が荒いですがご勘弁を・・・

「edge」のイントロ部分で人々を見下し、我が物顔で上がっていくゆか様。
あ~下僕になりたい・・・おっと、変態部分が・・・。
Takeme


僕的DVDでの最高のシーン
まさにパーフェクト・スターになった瞬間だと思う。
全然私事ですが、このかしゆかの衣装が大好きです。
PSPS



Disk2にはポリリズム~武道館までのドキュメンタリーと言いますか、軌跡と言いますか、そんなものが入ってます。
ここでは3人の素顔、関さんのおちゃめな部分、のっちの漢泣きなど貴重な部分も盛りだくさん。
DVDを見る際はこちらから見る事をオススメします。
こちらには副音声も収録!どうせならDisk1にも入れて欲しかったですが・・・
あとは「Butterfly」のPVも収録。あの時は休憩してたからちゃんと見てなかったけど
かなりカッコいいことになってたんですね。
「Butterfly」にはダンス付いたりしないのかなやっぱり・・


さて、今日も見ながら寝ようかね。

Pay money To my Pain 「after you wake up」

Pay money To my Pain

Pay money To my Pain(P.T.P.)待望の2ndアルバムが到着
今作も攻撃的だけど繊細なメロディーは健在で、安心感さえ覚えるが、
やはりK(Vo.)のデスボイスからハイトーン且つクリーンボイスまで出る音域の幅の広さは何度聴いても圧巻の一言。

Kのデス~クリーンへの切り替えが凄まじくカッコいいM-1「Here I'm singing」
アルバム随一の攻撃的ハードコアなM-2「Position」
重さのある緩やかな曲調でKの高音が光るM-4「Price to pay」
P.T.P.らしい疾走感のあるハードロックなM-6「The answer is not in the TV」
前作「Home」を受け継ぐかのようなミディアムナンバーM-8「Same as you are」
アニメの主題歌で有名らしいM-9「Bury」

と捨て曲は一切無い良盤。是非ともKのボーカルに痺れて欲しい。

01. Here I'm singing
02. Position
03. Lost the voice
04. Price to pay
05. Ligarse
06. The answer is not in the TV
07. Terms of surrender
08. Same as you are
09. Bury

1曲約30秒で全曲まとめたものです。
「after you wake up」


「The answer is not in the TV」

MySpace 「Pay money To my Pain」


※今日の一言※
仕事場の人が次々辞意表明していく・・・寂しいなぁ・・・

Perfume 「ワンルーム・ディスコ」

oneroom tu

4月には武道館Live DVDを発売し、5月には代々木体育館2Daysを敢行する
Perfumeの2009年第1弾シングルはちょっとレトロチックなダンスミュージック

歌入りだと結構シンプルに聞こえるメロディもインストで聴くと奥行きがあって「オッ!?」となる。
1曲で2度おいしいと言うのがヤスタカマジックだったりして面白いのですが、
今回もそれは健在で、ワンルーム・ディスコでの歌入りではそれほどではなかったけどインストだとベースの重さを結構感じれたり、
裏にたまに入るノイズ音っぽいのが面白いと思ったり、結構スネアの音量押さえられてるなとか思ったり
色々発見できて歌入りでそれを意識しながら聴くと一層良いなと思える。

レトロチックで「ディスコ♪ディスコ♪」が病み付きになるM-1「ワンルーム・ディスコ」
スローテンポなキラキラメロディーとジャジーなベースが程よいラウンジ感を生み出し、
夜にピッタリなM-2「23:30」

ワンルーム・ディスコをライブの1曲目に持ってきたら面白いのになぁと聴いてて思いました。
イントロがスタートに良いんじゃないかと。
でも当分はGAMEで行くのかなぁ。

1. ワンルーム・ディスコ
2. 22:30
3. ワンルーム・ディスコ -Original instrumental
4. 23:30 -Original Instrumental-

削除されていたため差し替え
「ワンルーム・ディスコ」

公式サイト 「Perfume」



※今日の一言※
自分が好きなものをけなされるとムッっとします。
まだまだ子供だな~。

Racing Kites 「Be My Runaway」

Racing Kites

1stEP発売から約3年、前作はまだまだ荒削りの部分が多々あり、勢いやコーラスワークなど光るものはあったものの全体的な印象は薄かった感じがしました。

今回の2ndEPは全面的な進化が見て取れますね、音の厚みは増し、Vo.も結構上手くなってて、
コーラスワークもより一層良くなって、疾走感は若干失われたものの、キラキラ感がより強くなっています。
個人的にはこっちの方が断然好みです。

1. Takeover
2. All Night Is Alright
3. Tonight's Attraction
4. My Everything
5. Be My Runaway

「My Everything」

MySpace 「Racing Kites」

Quietdrive 「Deliverance」

Quietdrive

Quietdrive待望の2nd ALBUM
独特の疾走感は健在!だけどとてもバラエティーに富んだアルバム
前作の流れを汲んだ楽曲もあるけども、ダンス要素を含んだ楽曲を多く取り入れ、
クオリティも高くなっておりかなり成長している。
Vo.のKevinの声も伸び、広がりが以前と比べものに為らないほど進化していた。
M-8「Hollywood」のHollywood♪という力強く言うところが個人的にツボってます。

01. Believe
02. Deliverance
03. Daddy's Little Girl
04. Motivation
05. Birthday
06. After All
07. Pretend
08. Hollywood
09. Kiss Your Lips
10. Take Me Now
11. Promise Me
12. Secret
13. Starbright

「Hollywood」

MySpace 「Quietdrive」

Home > P,Q,R

Recommend
ivoryline
IVORYLINE / VESSELS

derorean
Delorean / Ayrton Senna
Smile Video



Tag Cloud
Links

Access ranking



Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。