Monochrome Dive - 一昨日の夢。
FC2ブログ

Home > > 一昨日の夢。

New entry

一昨日の夢。

  • 2006-12-15
 一昨日、夢を見た。

 いつもは見てもすぐ忘れるけど、こないだのは何でか覚えてる。

 忘れられない夢を見たのは2回目だ。

 1回目は中学校、高校、専門の友達が複数名出てきた。

 みんなで遊んだあと、外を歩いてると、そこら辺に血が飛び散ってた。

 なんだ??

 と思いながら歩いてたら前の方から黒い服を着て大鎌を持ったちっこい奴らが猛スピードで周りの人を狩りながら迫ってくる。

 これはまずいと思って全力で逃げた。。

 逃げる途中、一人、また一人と友達が狩られていった。

 残った僕たちは長い坂を上っていった・・・

 その途中にも友達は狩られた。

 そして上り坂を上り終えた時、残ったのは二人だった。

 今来た道を振り返るとそこは一面が海になっていた。

 前を向いたらそこも海。

 僕たちの居るところ、ほんの2、3mだけが陸地になっていた。

 「なんだこれ!!」

 そこで目が覚めた。

 まったくもって意味不明だった。

 けど起きた時、何故か涙が出ていた。

 コレが1回目。


 2回目、一昨日の夢は、続きへどぉ~ぞ。
 一昨日の夢は何故か印象深かった。ある一部分だけが・・・。

 友達4、5人で人を追いかけるところから始まった。

 追いかけている人は半透明で時々消えたりもした。

 どぉやら僕たちはゴーストバスターズ的な仕事をしているようだ。

 それも丸腰で。。

 そして場面は街を歩いてる僕たち。

 ある家から視線を感じ、そっちに目を向けるとこっちを見ている女の人がいた、しかもちょっと透けてる。

 友達に話しその家に行ってみた。

 けどその家の扉が重くてなかなか開かなかった。

 やっとの思いで一人が入れた。

 一人が入ったらまた扉が閉まってしまった。

 数十分後やっと全員が入れた。

 二階へ上がると最初に入った友達が団子をほお張っていた。

 そして窓際には外から見た女の人がいた。

 でも、その人は実体だった。

 現実世界では見たことも会ったこともない人だった。

 黒のセミロングで目はパッチリ、身長は165前後でスラッとしてた。

 雰囲気は誰かに似てた、けど思い出せない・・・

 そして何故かその人の周りはリンゴのような甘くて穂のかに酸味のある匂いがした。

 
 僕たちはそこに何日も居た。

 けどある日、女の人がいなくなってしまった。

 
 そこで僕は目が覚めた。

 目が覚めてから、僕はその女の人が気になってしょうがなかった。

 あの人は誰だったのか・・・あの人は何処へ行ってしまったのか・・・

 僕はその日、ずっと考えていた。

 仕事中も、休憩中も、電車の中も。

 寝る時、続きが見たいと思って寝たが、全然見れなかった。

 正直、今日も考えてた。

 僕史上二人目に気になる人だ。

 

 長ったらしいので、もぉやめます。


Comments:2

waking URL 2006-12-18 (月) 20:59 edit

 残念ながら最後のほうに狩られていったよ。

 ちなみに2つ目の団子を食っていたのはマフィ~だったよ(笑)

 
 追いかけられる夢は

 『追いかけられるものから逃れたいという気持ちと、つかまることへの期待感が入り混じっています』

 だってさ。

 要は現実逃避したいんだな、僕は…(汗)

マフィ~ URL 2006-12-17 (日) 22:53 edit

俺は狩られたんか!?

でも追いかけられる夢って言うのは確かそんなに悪いものではないよね??

Comment Form
サイト管理者のみ閲覧可能にする

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://waking.blog69.fc2.com/tb.php/80-2464a096
Listed below are links to weblogs that reference
一昨日の夢。 from Monochrome Dive

Home > > 一昨日の夢。

Recommend
ivoryline
IVORYLINE / VESSELS

derorean
Delorean / Ayrton Senna
Smile Video



Tag Cloud
Links

Access ranking



Return to page top